管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME >

経理・会計・財務職の転職市場動向

経理職は汎用性の高い業務であり、職種なので、求人内容や条件が合致していれば、 転職先の選択肢は多いと言えます。ただし、経理職への応募者は、ほとんどが経理職の経験者であるため競争は激しくないとは言えないのが状況です。


転職してより高いレベルの仕事に就くためには、経理の実務経験プラスアルファのスキルや経験があるとベターです。
今ならば、管理会計や財務関連での専門知識や実績があるとライバルよりも有利に転職活動を進めることができるでしょう。
日本企業は現在、会計基準の国際化の流れの中、企業監査の強化やM&Aに伴う法律、会計、税務が高度化し、大きな環境変化が進んでいます。


経理、会計、財務職の転職市場において、ニーズが高い人は、経理、財務、決算あるいは営業やマーケティングといった幅広い業務経験のある人と連結決算業務やIPO関連業務経験者のニーズが高いといえるでしょう。
例えば、連結決算業務の経験はM&Aに積極的な企業に対してIPO経験は有望ベンチャー企業への強いアピールになります。
経理、財務、決算業務を一通り経験した先には、最高財務責任者(CFO)のポジション等も見えてきます。


企業のライフサイクルが短くなり、日常的に業界の再編等のニュースが報じられる等、世の中が大きく変化する今後において、経理・財務出身人材の経営層登用は今後も増えると予想されます。
外資系企業への転職や企業のグローバル化を考えるなら、実務経験に加えて、英語力はもちろん、英文経理、米国公認会計士(CPA)の組み合わせは差別化要因の一つといえます。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る