管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 財務・経理 注目コラム > 経理の面接では、専門知識や実務経験を具体的に > 経理の転職 > 経理の面接では、専門知識や実務経験を具体的に

経理の面接では、専門知識や実務経験を具体的に

経理職の求人広告には、「実務経験3年以上または日商薄記検定2級以上」という形で、応募条件として経験年数や検定資格が示されるのが普通です。
ただし、転職市場において、広い業種で「つぶしの利く」職種であるために、そんな求人に応募してくる人達の実力レベルは、あまり変わらない場合が多いのです。検定資格だけの未経験者に比較すれば、経験者は確かに有利ではありますが、応募者の大半は経験者であるという実情を知る必要があります。


ライバルに差をつけるには、応募先企業が求める実力レベルを具体的な業務経験で証明していくのがポイントです。どんな企業のどんな経理業務を、どの範囲まで担当していたのか。それを、応募先の仕事内容にどのように役立てることができるのかをリンクして説明できれば、それは強いアピールとなります。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る