管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 新しい職場にとって、「転職者」の存在とは > 転職後 > 新しい職場にとって、「転職者」の存在とは

新しい職場にとって、「転職者」の存在とは

外からやってきた転職者というのは、そこで働いている人達から見れば、全くの「異分子」であり、誰もが転職者の動向に注目しています。
彼らにしてみれば「一体、どのような人なのだろう?」、「彼は自分達と馬が合うのか?」、「一体、何ができるのだろう?」と興味津々です。


転職先の会社では、まずは周囲の人達から受け入れられること、そのうえで仕事ができること理解してもらうという形で、ステップを踏んで自分を受け入れてもらうことが大切です。
特にキャリアを積んだ人が陥りやすいこととして、前職と同じ感覚で仕事を進めてしまうことがあります。
例えば、前職同様に、何気ない業務依頼であっても、新しい会社の人間にとっては、びっくりするような内容であったりすることもあるのです。


新しい職場において、自分の存在を認知してもらうことは、誰にとっても不安に感じることの1つです。そういった状況下において、必要以上のオーバーなアピールをしてしまい、周囲からあらぬレッテルを貼られてしまうなどの失敗もよく見られます。


明るく笑顔で、約束を守り、協調性があり、よく働く。その人のことが、全くわからない最初だからこそ、そういった目に見える第一印象が大切なのです。
そして、焦る気を抑えながら、冷静かつ慎重に新しい職場の環境をよく理解することからスタートすべきといえるでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る