管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 転職においては、負の気持ちを引きずらない > 面接 > 転職においては、負の気持ちを引きずらない

転職においては、負の気持ちを引きずらない

いかなる転職理由であったとしても、円満退社することが転職を成功させるコツの一つと言えます。時には、会社都合退職を宣告させる場合もありますが、こちらも同様です。


現状の職場に不満があり、直接的な転職動機になっている場合、「自分は悪くない。悪いのは会社だ」と言いたくなる気持ちは理解できます。
時には、経営陣の見通しの甘さが原因で運悪く会社都合退職を言い渡される人もいらっしゃるかも知れません。
しかし、いつまでもそういった負の感情を引きずったままでは、転職活動の成功確率は下がってしまいます。


面接において、重点的に質問されるのは前職での仕事内容や仕事やキャリア対しての考え方が中心になります。
その際、前の会社を敵視している人は、職場の悪口と取られてしまう発言や態度が、たとえ注意していても、表に出てしまい、面接官に伝わってしまう場合があります。


「結局は転職しても、前職同様に会社の不平不満をぶちまけ、同じように他社に転職してしまう人なのだろう」と面接官に受け取られてしまいかねませんので、前向きな気持ちでセルフコントロールが必要です。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る