管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 外資系企業と日本企業との大きな違い > 外資系への転職 > 外資系企業と日本企業との大きな違い

外資系企業と日本企業との大きな違い

外資系企業と日本企業との大きな違いは、社員に対する評価体系にあります。具体的には、成果が上がれば評価も上がり、評価はそのまま収入に反映されます。「若いうちは横並びで差をつけない」などというような形で、収入や昇格が抑えられるということは少ないと言えるでしょう。


成果が評価、収入に直接反映されるため、成果を上げ続ける限り、日本企業より個人の成長スピードは断然早いといえます。しかし、当然、成果をあげられなかった場合は、大幅に給与が減ったり、場合によっては、退社を余儀なくされるケースも少なくありません。日本企業と較べ、がむしゃらに働く同僚も少なくなく、競争も厳しい職場環境であるといえます。


しかし、若手ビジネスマンの間では、このような外資系の環境を、キャリアアップやスキルアップの近道として転職先の有力な選択肢として捉えている人も少なくありません。
近年は、外資系企業や海外のファンドが日本企業を買収したり、提携先としてトップやマネジメント層を送り込むケースも増えており、外資系企業が身近な転職先候補になりつつあるといえるでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る