管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 面接対策トレーニング方法 > 面接 > 面接対策トレーニング方法

面接対策トレーニング方法

「管理系6職種は社内で完結する仕事だからコミュニケーション能力が低くても大丈夫」というのは古い認識。社内の人間と円滑な業務連携をとるためにも、社外の人間や他部署の人間を効率的にマネージメントするためにも、近年採用市場においてコミュニケーション能力は層一層重要視される傾向にあります。


面接はお互いのマッチングを確認するだけでなく、まさにそういったコミュニケーション能力の有無を判定される場。充分な時間を割いて、面接対策を行いましょう。


面接対策その一:提出した履歴書の音読
面接の質問は、履歴書や職務経歴書に書いた内容を踏まえて行われるのが普通です。何を書いてアピールしたのか、改めて内容を確認しておくことで、どんな質問にも焦らず回答することができるようになります。


面接対策その二:よく聞かれる質問への回答を準備
「志望動機」、「退職理由」、「自己PR」など、面接では必ず聞かれる定番の質問が存在します。こういった質問にはあらかじめ答える内容を考えておいて、当日になって慌てることのないようにしましょう。


面接対策その三:伝えたいアピールポイントをメモに書き出す
応募書類の補足として伝えたい内容、自身の一番のアピールになることなど、面接の短い時間の中でも伝えておきたい大事な箇所は、事前にメモ書きして整理しておきましょう。ただし、文章を丸暗記して面接時にそれを暗唱するのは、どうしても不自然な印象になりがち。要点だけをメモにまとめて、本番では状況に応じてアレンジする余裕が必要です。


面接対策その四:鏡の前で表情や姿勢をチェックする
笑顔が得意だと、それだけで好印象。面接も人間と人間の交流なのですから、気持ち良い笑顔を練習しておけば、採用の可能性も高まります。同様に、背筋を伸ばす正しい姿勢を身につけておきましょう。


面接対策その五:日常から敬語を使っておく
面接のような緊張する場所でこそ、普段の言葉遣いは思わず口をついて出てしまうもの。現職での仕事中も、遊びに行くときや家庭でも、転職活動中は意識して敬語を使う習慣を心がけておきたいところです。


面接対策その六:模擬面接
面接が面接官との対話である以上、ひとりでできる対策には限界があります。可能な限り友人や家族、転職コンサルタントなどに模擬面接の相手をお願いして、本番に近い形式で練習しておくことが望ましいでしょう。


よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る