管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 財務・経理 注目コラム > 財務のおもな仕事内容 > 財務の転職 > 財務のおもな仕事内容

財務のおもな仕事内容

財務とは、年間の資金計画を管理する「予算管理」、銀行からの借入や株式の発行による「資金調達」、社員給与や経費を調整する「資産調整」などの業務を担当する仕事です。


「決算書の作成」が主業務となる経理職がいわば、企業の収支「結果」を記録することに注力している一方、財務職は企業が事業を展開していく上で必要な予算を、どこからどのように調達するか、その予算をどのような配分で運用して利益に繋げていくのか、企業の「未来」の収支を企画管理する役割を担います。


企業の経営戦略を左右する根幹的な業務です。コンサルティング関連職を経験した人や、MBA(経営学修士)を収めた人、経理・財務の経験が長い人は、転職に有利となります。また、スキルに自信がない場合も、財務職を設置する企業は一定以上の規模をもつことが多く、第二新卒からじっくり育ててくれる可能性があります。


ただ、上記のような財務職の仕事内容を経理職が兼任したり、経理・財務いずれも総務に組み込まれている場合も多く、企業によって、経理・財務の職域は少しずつ異なります。転職活動においては、求人広告をよく読み、人事担当者に質問するなどして、職種名だけではなく具体的な職務内容も確認しておいた方が良いでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る