管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 圧迫面接が行われる理由 > 面接 > 圧迫面接が行われる理由

圧迫面接が行われる理由

面接の場では、あえて意地の悪い質問や、答えにくい質問をしてくる面接官がいますが、このような圧迫面接をする理由とは、何でしょうか。
仕事をしていれば、取引先の担当者から無理な要求をされたり、上司から厳しいお叱りを受けることもあるはず。社内での業務が多い管理系6職種も、近年ではアウトソーシングやコンサルティング会社とやりとりする機会が増え、営業職と同様高いコミュニケーション能力を求められる傾向にあります。面接官は圧迫面接という手法を通して、応募者の対人能力、ストレス耐性、冷静な判断力を、審査しているのです。


「うちの会社に合わないんじゃない?」「どうせまたすぐ辞めるでしょう?」「うちよりラクで良い会社はいっぱいありますよ」など、こんな質問への対策は、やはりどんな質問でも事前に想定して、的確に答えられるよう準備しておくこと。感情的になったり、つい気圧されて無言になってしまわないよう、圧迫面接でよく使われる質問にはどんな内容があるのか、あらかじめ知って、備えておくことが大事です。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る