管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 不況下で活発な採用活動が行われている業種

不況下で活発な採用活動が行われている業種

補充採用が中心となっている転職市場で、特に採用意欲が高いのは、コンサルティング業界や人材ビジネス、外資系金融とITです。


いずれも採用の規模自体は縮小していますが、個人の能力に依存する職種を多く抱えています。能力のある前任者が、想定外に他社へ移籍してしまった場合、チーム全体の売上を大きく落としてしまうリスクが発生するため、ピンポイントでのキーマン採用は活発に行われているのです。


高給のイメージが定着した外資系金融では特に、高騰する一方だった給与を全体にスリム化する思惑もあり、不況下をチャンスととらえ、給与を高望みしない人材の獲得に積極的なようです。


いわゆる「内需」と呼ばれる、景気の波に左右されにくい業界では、好況期と変わらない規模での採用活動も行われています。特に、メディカル業界は法改正による市場規模拡大、外資系企業の参入により、求人倍率は右肩上がりの増加傾向です。不況時だからこそ業績を上げている中堅、新興企業も少なくありませんので、求人情報だけでなく、会社四季報や株価の推移などから、そういったお宝求人を探してみるのも良いでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る