管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 不況下で評価されやすいアピールポイントとは? > 面接 > 不況下で評価されやすいアピールポイントとは?

不況下で評価されやすいアピールポイントとは?

転職活動の際、企業に伝えるべきアピールポイントは、個人の経験や能力、あるいは応募先の各企業が求めている人物像によって、柔軟に変更・修正した方が、採用の可能性は高まります。
特に、不況下において有利となりやすいアピールも存在します。それは経費削減につながる能力のアピールです。たとえば、業務効率の改善による少人数での成果達成実績や、設備投資規模の縮小、外注費の見直し経験などは、決して市場の資金が潤沢ではない不況下には、多くの企業で評価されやすいでしょう。


もちろん、直接経費削減に関わった経験がなかったとしても、これまでの業務経験の中には、経費削減と結びつけてアピールできる努力や工夫があったはず。自身を採用することで企業にとってはどんな利益が発生するのか、どんな経費を削減することができるのか、業務はどう効率的に回転するようになるのか、説得力のある「ストーリー」を事前に描いておきましょう。


好況・不況に関わらず、企業側の思惑や都合を想像して、それに合わせたアピールを行うことは非常に重要です。自分はコレしかできない、やりたくない、と頑にならず、柔軟性をもって自分の価値をふくらませましょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る