管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > キャリアプラン形成の手段として転職を考える > 転職活動全般 > キャリアプラン形成の手段として転職を考える

キャリアプラン形成の手段として転職を考える

厚生労働相が平成18年に発表した「転職者実態調査」によれば、転職者が在籍している事業所の割合は71.7%。近年では、転職は怖い、難しい、というイメージは薄れており、より能力の発揮できる環境を求めて転職活動を行うことは、当然の選択と言えるまでに一般的な認識となっているようです。


ただし、後ろ向きな理由からの転職は禁物。上司が嫌い、給与がなかなか上がらない、などの短絡的な転職理由は、自分自身にも問題がある場合が多く、企業から敬遠されます。


・専門性を磨き自身の能力と市場価値を高めたい。

・自身の成長スピード、成長志向と合致する環境でキャリアを形成したい。


など、生涯にわたるキャリアプランの一環として、「今回の転職」がもつ意味、役割を自己分析してみましょう。不況時だからこそ、企業は業績を好転させる優秀な人材を求めています。不況時だからこそ、自分に有利なキャリアプランを、実行に移しやすいのです。


転職が当たり前の時代になるに従って、終身雇用や年功序列の習慣は年々失われています。ただ在籍しているだけでは、給与もポストも上がってはいきません。自分の身を守るのは自分と考えて、意欲ある転職を実現させましょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る