管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 転職活動の流れ(その1) > 転職活動全般 > 転職活動の流れ(その1)

転職活動の流れ(その1)

転職活動には、大きく4つのステップがあります。いつ、何をしたら良いのか。直前になって慌てないよう、あらかじめ転職の流れを把握し、事前準備に努めましょう。



ステップ1.転職の目的を考える。
案外おろそかにしがちなのが、このステップ。給料が安い、人間関係が悪い、会社の業績が不安、などなど、ネガティブな理由を抱えて、とにかく職場から逃げることにだけを優先させることは転職失敗のもとです。


転職活動は、人生の大きな転換期。ならば、この転職によって何を実現したいのか目的と優先事項を明確にしないと、転職後に「こんなつもりじゃなかった」、「転職しない方が良かった」、と後悔するだけです。


たとえば、転職によって実現できる仕事の改善点を、6つ上げてみましょう。


・やりがい
・給与の高さ
・安定性
・将来性
・労働時間
・人間関係


このうち、優先したいのはどの項目でしょうか。また、多少条件が悪くてもガマンできるのはどの項目でしょうか。
答えは、個人によってまったく異なるはずです。人によっては、「やりがいがあって給料も高ければ、労働時間が多少長くても頑張れる」と思うでしょうし、人によっては、「プライベートを大事にしたいから、安定性と労働時間は譲れない、代わりにやりがいや給与はほどほどで諦めよう」、と思うでしょう。


すべての項目で100点満点の満足を得られる職場は、存在しません。転職とは、自分が仕事に求める条件を見直し、ストレスの少ない、のびのびと力を発揮できる環境を見つける作業なのです。


家族や友だちに相談する、転職コンサルタントに相談する、ネットや雑誌で情報を集める、などして、転職の目的をじっくり考えてみましょう。スタートはそれからです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る