管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 面接の際のキーマンを見分ける > 面接 > 面接の際のキーマンを見分ける

面接の際のキーマンを見分ける

面接担当者には、3つのタイプがあります。いま自分の前に座っている、あるいは、質問を投げかけてくる人物がどんな立場にいて、どんな意図で質問をしているかをきちんと把握して受け答えすれば、採用の可能性は高まるはずです。


面接において通常、決定権を握っているのは「直属の上司」です。転職面接では、空きのあるポストや補充したい人員の、適材適所でのマッチングがもっとも重要なポイント。だとすれば、現場で「こんな人材をほしい」と具体的なニーズを持っている「直属の上司」が、採用の意思決定者になるのは必然なのです。
特に、若手の採用については、会社の方針を左右するような大きな決断とはなりにくいために、「人事」や「社長」など、業務上あまり接点のない人物の意見は、あまり重視されないようです。


「直属の上司」の上司にあたる「社長」や「部門長」などのタイプは、原則的には「直属の上司」のサポート的な立場で面接に同席しています。入社後に、応募者と直接の接点をもつ機会は少ないため、積極的に応募者の合否を主張することはありません。ただし、気をつけなければいけないケースがふたつあります。
ひとつは、管理職やチームリーダーなどの、ハイスペック転職。社運を左右するような重要な部門、チームを任されるような転職の場合は、「直属の上司」以上に、会社の中で特に権限を握っている「社長」や「部門長」の意見が重要視されるはずです。
もうひとつは、中小・ベンチャー企業へ転職するケース。会社規模が小さい企業ほど、権限は「社長」に集中しがち。たとえ、「直属の上司」が乗り気だった場合でも、「社長」の一声で採用が覆ったり、逆に「直属の上司」の評価が低かったとしても「社長」に気に入られれば採用に至ることもあります。


「人事」は新卒面接の際には意思決定者のひとりとして参加しますが、転職面接の場合はあくまで調整役。こういった人員がほしい、と具体的な人物像を頭に描いているのはあくまで「直属の上司」であるため、「人事」からの質問は、直接業務に関係することよりも、応募者が社風に合う人間かどうか、社会人としての一般的な常識が備わっているかどうか、といった趣旨のものが多くなるでしょう。
とはいえ、他の面接官の心象を損なうほどにキーマンにばかり同調して、媚を売るのも考えもの。あくまで、「今回の募集で求めている人物像」を正確に図る基準として、上記を参考にしてください。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る