管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > よく知らない企業を研究する > 転職活動全般 > よく知らない企業を研究する

よく知らない企業を研究する

経理・財務・人事・総務・知財などの管理系職種の転職の場合、職務内容は自分に合いそうでも企業や業界については未知の世界でよくわからない、というシーンは多々あるようです。人材紹介会社を通して得た情報ならば、転職コンサルタントに質問して最低限は理解を得ることができますが、自分で探してきた求人情報なら、やはり自分で企業・業界情報を収集しないといけません。
聞いたことのない企業、これまで接点のない業界だからといって、気になる求人をあきらめてしまうのは早計。ここではいかにスピーディーに、手軽に企業・業界の情報を収集できるか、ポイントをお伝えします。


まず最低限、企業のホームページはすべてのページをチェックしましょう。企業にとってホームページは、自社の業務内容や実績を噛み砕いて一般に理解してもらうための重要なツール。手っ取り早く企業のことを知るのに最適です。インタビューページなど、社員の顔が直接見えるページが設置されている場合、求められている人物像や社風などを垣間見ることができる上に、「〇〇さんのインタビューに共感しました」など、面接時の話題としても情報を活用できるでしょう。
ホームページが整備されていない会社の場合でも、インターネットの検索サイトで企業名、商品・サービス名、社長名などを検索すると、ある程度の情報を収集することができますが、匿名の情報の場合は小さな事例を挙げて「ブラック会社だ」、などと過剰に批判的な意見も散見されるので、鵜呑みにはしすぎない方が良さそうです。


販売・サービス業など、実店舗がある企業の場合は、実際に客として店舗を訪れてみたり商品・サービスを購入してみると良いでしょう。ほんの少しの手間、出費によって、大きな発見があるかもしれません。自分がそこで働く、その商品に係わることをイメージして、不満を感じることがあれば応募をやめるか、あるいは面接の際に「自分が入社したらこうしたい」と改善提案に繋げるのも手です。
会社の事業が法人向けの場合は、本社に足を運び、受付や出入する人々の雰囲気を感じてみるのも良いでしょう。会社の「顔」に当たる場所には、少なからず会社のイメージが反映されているもの。部分的な情報でも、あらかじめ知っているのと、面接当日に初めて出会うのとでは、大違いです。


最後に、「この転職を最後に」と考えている場合や、「安定した会社に入社する」ことを転職の条件の上位に挙げている場合には、有価証券報告書や会社四季報にも目を通しておきましょう。経営状態が一目瞭然で理解できます。ただし、2010年春現在は、世界的な不況から脱していない企業がほとんど。目先の業績に惑わされ、将来性豊かな企業の求人を逃さないよう、気をつけたいものです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る