管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 成長できる転職を目指す > 転職活動全般 > 成長できる転職を目指す

成長できる転職を目指す

外資系企業の参入や景気後退は、従来の年功序列型給与体系を衰退させ、成果型の給与体系を一般化させました。現代において給与は、ただ年次を重ねるだけでは、上がりづらくなっています。社内のライバルよりも優れた能力を身につけて、期待された以上の成果を出せる人間のみが、高い給与を獲得・維持できるのです。
給与の多寡はあくまでも仕事の成果次第。その前提に立てば、転職時の条件に給与アップを最優先させるのは、得策ではありません。現職の給与がよほど水準よりも低い場合でなければ、実力に見合わない高給与を望んでも入社後に苦労することは目に見えているからです。
ならば、どんな条件を優先させるべきか。それは自身が成長できる環境か否か。キャリアを停滞させず、高給与に見合う能力を磨き続けることのできる環境の選択こそ、転職活動を成功させる秘訣です。
キャリアを停滞させる理由は、大きく5つあります。


・獲得スキルの極地化(業務内容が狭い)
・担当業務のマンネリ化(同じ規模・同じフローでの業務)
・成長スピードの緩慢化(ヒマ・担当プロジェクトの運営期間が長すぎる)
・将来像が見えない(所属企業にビジョンがない・尊敬できる先輩がいない)
・組織に制約がある(年功序列・成果報酬がなくやる気がわかない)


これらに当てはまる方は、転職のチャンスです。キャリアが停滞すると、スキルは伸びず、将来「高給を得る理由」を育てる機会を逃します。スキルには伸ばし時、人材には売り時が存在することを意識し、「今、成長できていない」と感じたら、転職という選択肢を検討してみることをオススメします。
逆に言えば、「成長」という転職条件の軸を据えない、社内の人間関係や労働環境の悪さを理由にした転職活動は、社会的な評価を落としかねない難しい戦いになることを認識した方が良いでしょう。転職の先にゴールを設定しているひとは、転職をゴールに設定するひとよりも、企業人事にとって魅力的に映るのです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る