管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 年収を上げる転職を目指すためには? > 転職活動全般 > 年収を上げる転職を目指すためには?

年収を上げる転職を目指すためには?

年収アップを主目的にした転職は、下記の理由からあまりオススメはできません。


1、入社後の期待値が高くなりすぎる。
2、お金への固執は面接官の評価を落とす可能性がある。
3、給与は企業の評価水準によって決定されるため特別な好待遇で迎えられる可能性は低い。
4、企業間の情報共有が進み相場より高い給与は得にくくなっている。


ただし、3と4の理由は、現職での給与体系が業界の水準から見て低い場合、有利に働く可能性が大いにあります。つまり、「同年代、同業界より給与水準に低い」と悩んでいる方は、転職によって年収を上げるチャンスがある、とも言えるのです。
ただし、そういった場合も、年収アップへの期待を前面に出してアピールするのは避けた方が無難。年収は口頭での熱意によって左右されるのではなくて、前述してきたようにあくまで採用企業の給与水準と自身のスキルを考慮して決定されるものだからです。


歩合制の割合が高い営業職、金融コンサルタントなどの職種は、成績次第で大金を得るチャンスがありますが、管理系の職種では、年収の基準は固定的です。過分な期待を抱かず、「御社の基準に従います」という姿勢を見せていれば、結果は自然ついてくるでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る