管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > あなたが採用されない3つの理由 > 面接 > あなたが採用されない3つの理由

あなたが採用されない3つの理由

募集条件は満たしている、面接でも会話が盛り上がっている、それでもなかなか採用が決まらない。そんな、転職活動が長期化してしまう応募者には、どんな問題があったのか。「落ちる応募者」にありがちな3つの理由を、人事担当者に聞いてみた。



1.応募書類からアピールポイントが伝わらない。
応募書類では、最大のセールスポイントを強調して、読み手が直感的に理解できるよう配慮しないとダメ。どんなに素晴らしい経歴の持ち主もで、転職活動が自身を売り込む「プレゼン」と考えたら、退屈な事実の羅列だけでは採用は遠くなります。
まずは、使い回しの応募書類をやめること。そして「御社で働きたい理由」をその会社の特徴に合わせて書き換えること。さらに、自身の経験の中から、その会社にもっとも役立ちそうなピカイチエピソードを強調して、多くの紙面ボリュームを割くこと。
書類の中にも、起承転結の物語性が必要です。これらを心がけるだけで、書類選考を通過する可能性は大きく上がるはずです。


2.面接で本音を隠す。
あまり本音を言い過ぎると人事から敬遠されるのでは?と心配して、模範解答ばかり用意するのは、大きなマイナス。社会人としてのキャリア「転職」は、まったく社会人経験がゼロで行う「就職」と比べて、互いの条件を確かめ合う「マッチング」が重要です。能力、経験、待遇、などなど、応募者の本音がわからなければ、人事は正確に評価をくだせません。
結果、本音のわからない人物として、採用が遠のいてしまうのです。仮に採用に至っても、本音の情報交換ができていなければ、入社後お互いに、「こんなはずではなかった」と後悔を残してしまいます。
面接では、誰にでもウケの良い優等生を演じる必要はありません。もう一度言いますが、面接はと、お互いの「マッチング」を確認する場所です。何が何でも受かろうとテクニックに走ったり、自身のマイナス面を必要以上に隠すような行為は、人事に「不安」を感じさせてしまうのです。


3.会社の文化と合わない。
経験・技術が、採用側の要望に合致し、面接での評価が高かったとしても、採用に至らないケースもあります。
あなたが考えている長期的なキャリアプランが、会社の目指す方向性と合わない場合です。具体的には、海外志向の強い応募者が、海外事業をもたない会社に応募した、などの例があるでしょう。成長途上の勢いのある会社に対して、安定志向の強い応募者は採用されにくいかもしれません。重要なのは、相性です。会社側はほとんどの場合、「うちの会社で長く働いてくれるひと」を採用したいと考えているのですから、長い目で見て、「うちの会社と合う人間か合わない人間か」は、重要な判断材料となります。能力・経験だけでは、採用は決まらないのです。
応募者側が気をつけたいのは、面接でウソをついたり、条件面でガマンすることではありません。面接の前に会社の情報を収集して、自身のやりたいことができるかどうか、待遇面での条件を受け入れられるか、目標とするキャリアプランを実現できる環境があるか、確認しておきましょう。 どんなに頑張っても採用に至らない理由のひとつには、応募書類や面接の問題ばかりでなく、そもそも「マッチング」が悪い会社ばかりを選んでしまっていないか、を振り返ってみる必要があるでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る