管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 実態調査!30代前半転職は勝ち組?負け組?(1) > 転職活動全般 > 実態調査!30代前半転職は勝ち組?負け組?(1)

実態調査!30代前半転職は勝ち組?負け組?(1)

30歳を過ぎてからの転職は厳しいと言うけれど、実際のところどうなのでしょう。30歳までに転職しないと給与は上がらない?30歳を過ぎてから転職を考えたひとはみんな負け組?
漠然とした不安を、30代前半、転職経験者の生声で、解消しましょう。



<疑問1>
30代前半での転職活動はやっぱり不利?


(不利と感じなかった派の声)
わたしたちが新卒の頃は就職氷河期でした。どんな企業でも30代の社員は層が薄くなっているため、中途採用で年齢バランスを合わせる動きがあるようです。また、団塊世代の退職のタイミングで、経験の薄い若手より30代前半くらいの中堅社員を求めているところも多い印象でしたね。(34歳・男性・商社)

年齢相応の経験や技術があれば企業はきちんと評価してくれます。まだ社会経験の少なかった第二新卒のときよりも、希望する業務を選択できる可能性は上がる気がします。他社での経験にも興味を示してくれました。(32歳・女性・ソフトウェア)


(不利と感じた派の声)
面接官や上司になる予定の方が、自分より年下ということがありました。特に若い会社の場合、採用する側からすると30代は採用しづらい、ということはあると思います。(33歳・男性・不動産)

新しい職種に挑戦したくて、未経験可の求人をあたっているのですが、書類選考もなかなか通過しません。30代からの大きなキャリアチェンジは難しいのかもしれませんね。(30歳・女性・金融)

30代前半での転職成功のカギは、前職で培った経験や技術が活かせるような仕事を選ぶこと、と言えそう。反対に、未経験転職で急激な方針転換を図るのは、危険な印象。20代そこそこの若手と「やる気」だけで勝負するのは分が悪そうですね。



<疑問2>
30代前半での転職活動で、給与は上がる?


(上がった派の声)
前職よりも儲かっている会社に就職できたので、同じような業務内容ではあるが、給与自体はかなり上がった。会社を検討するときは、目先の「給与例」だけでなく社員ひとりあたりの「純利益」をチェックすると良いと思う。(31歳・男性・医療)

転職コンサルタントに「ほんの少しでも給与が上がると嬉しい」と伝えておいた。面接の場ではどうしてもお金のことは聞きにくい、主張しにくい、というひとは、コンサルタントを上手に活用するべき。(31歳・女性・アパレル)


(下がった派の声)
前職では役付きだったが、新しい職場では平社員からのスタート。給与は下がったけれども、しっかり成果を出してリーダーになれば、来年にも前職より高い給与になると、面接で説明を受けた。(34歳・女性・出版)

未経験の職種でいくつかの内定が出たが、いずれも給与額はダウンの提示。ずっと憧れていた仕事だから、ある程度の給与減は仕方ないと思っていたけれど、やはり悲しいことは悲しい。(32歳・男性・メーカー)


給与が上がる主な条件は、給与水準の高い会社に入ること、リーダーなどの役職がつくこと、担当する仕事の経験値が上がること。前職の経験が充分に生きる仕事を選べば、経験豊かな30代前半の転職は給与アップを達成しやすいと言えそうです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る