管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 会社選びの基本・5つのチェックポイント > 転職活動全般 > 会社選びの基本・5つのチェックポイント

会社選びの基本・5つのチェックポイント

数限りなく存在する会社の中で、自分にピッタリの一社を探し出すのは一苦労。そもそも、どんな基準で会社選びをしたら良いのかわからない。。。そんな方は、求人広告を読む際、面接に臨む際、以下の5つのチェックポイントを思い出して、参考にしてください。



1.給与額はいくら?
求人広告に掲載されている給与額は、基本的には最低額の目安。ただし、「給与例」は、その会社でも特に実績のあるエリート社員を参考に掲載しているようですから、過度の期待は禁物です。先方から具体額が提示される前に確認しておきたい場合は、面接などで給与額の「基準値」を聞くようにすると角が立ちません。


2.残業時間は長い?
求人広告では残業時間の実例まで掲載されていることはまずありません。また、面接の場で「残業は多いですか?」などとストレートに質問すると、勤労意欲を疑われてマイナスイメージなので、気をつけましょう。面接で質問する際は、あくまで「必要な残業には対応する」前提で、社員の方々の実例を尋ねると良いでしょう。可能であれば、深夜のオフィスを訪ねて、窓の明かりの数から、残業量を推察するのもひとつの方法です。


3.会社の経営は健全?
株式公開企業であれば、経営状況はホームページの「IR情報」、「決算報告」などから確認することができます。事前に情報を集められない場合は、面接の際、オフィスの様子をしっかり確認しておきましょう。活気がなかったり、逆に訪問客にあいさつもできないほど殺伐としていたり、デスクに空席が目立つようであれば、面接で求人募集の背景や、今後の事業展望を納得ができるまで聞いておくべきでしょう。


4.働きやすい雰囲気?
面接官は、人事であれば会社全体の、直接の上司になる人間であればこれから所属する部署の雰囲気を少なからず表しているはずです。直感的に、自分に合う合わないの判断材料として良いでしょう。可能であれば、職場の見学がオススメです。面接担当者以外の社員が、気持よくあいさつしてくれるか、お互いにコミュニケーションをとりながら働いているか、ゴミや資料が散らかっていないか、トイレは清潔に保たれているか...。すべて、あなたの働きやすさの判断基準です。


5.人間を大事にしてくれる会社?
頻繁に補充採用を繰り返す会社は要注意。なかなか人材が定着しないのには理由があります。有給休暇の取得状況は、人間を大事にしてくれるかどうかの、ひとつの目安。ただし、急速に成長中の会社や事業によっては、休暇の取得が困難な場合もあります。いずれにしても、あなたが「確認しておきたい」と思っていることに対して、明言を避けたり、不十分な回答しかできない会社は要注意です。


以上、5つのチェックポイントを上げてきましたが、留意しておきたいのは、すべての条件をカンペキに満たす会社はない、ということ。給与が高い会社は業務も忙しいことが多いですし、業種によっては土日に休暇をとることも困難なことがあります。転職を「成功した!」と満足のうちに終わらせるためには、まずは自分自身で転職に対して求めている「譲れない条件」を明確にしておくこと。そして、その「譲れない条件」だけは妥協しない姿勢を貫くことです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る