管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 普段通りの格好で面接に来て下さいと言われたら? > 面接 > 普段通りの格好で面接に来て下さいと言われたら?

普段通りの格好で面接に来て下さいと言われたら?

近年では、人事や経理といった管理系職種は社内での業務が多いことから、スーツスタイルにこだわない会社が増えており、面接時の服装も「平服」や「普段通りの格好」と指定してくる場合が少なくありません。では本当に、ネルシャツ・スラックスといったリラックスした格好で面接に出かけて、良いのでしょうか。答えは、ノーの状況が多いようです。


採用面接は、あくまでも、「仕事の現場で能力を発揮できるかどうかを確かめる」場です。仕事の現場では初めて訪問する会社に対してスーツで出かけるのが当然のように、いかに「ラクな格好」を指定されたとしてもスーツで出かけるのが、無難かつ安全な選択です。個性を重視するアパレル業界を志望する場合や、現職がスーツではなく、社内に秘密で転職活動を進めている場合以外は、いかにも仕事で成果を上げられそうな格好。清潔感、健康、活発、明朗、理知的な印象を与える外見に、こだわりましょう。
具体的には、以下の点に注意してください。


<髪型>
寝グセ、フケ、長髪、過度な染色は避けましょう。

<顔>
男性は事前の洗顔、ヒゲそりで清潔感を。女性は濃すぎないナチュラルメイクを意識して。ノーメイクはあまり好ましくありません。

<服装>
紺やグレーなど個性的すぎない色合いのスーツが基本。ワイシャツは無地の白に、アイロンをかけて。アクセントに派手な色を見せるなら、1カ所まで。自由きままな印象は避けたい。

<靴>
茶・黒系のシンプルなデザインの革靴を選択。足元で判断する、という面接官は実は多いため、キレイに磨いておきたい。女性のミュールやピンヒールはNG。

<装飾品>
男女とも、外しておいた方が吉。時計、メガネも、個性的すぎるデザインのものはやめましょう。

<爪>
案外忘れがちですが、汚れた爪、伸びすぎた爪、奇抜なネイルアートは減点材料。前日に確認して、手入れしておきましょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る