管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 転職に必要な「三種の神機」って、なに? > 転職活動全般 > 転職に必要な「三種の神機」って、なに?

転職に必要な「三種の神機」って、なに?

転職はあくまで自由意志。明確に線引きされた期限がないため、なかなか行動に移すまでの踏ん切りがつかないものです。しかし、「こんなときこそ転職を考えた方が良い!」という、転職の好機をご存知でしょうか。それが、転職「三種の神機」。知らずに機会を逃すと、後悔するかもしれませんよ。


<第一の神機:社内でのキャリアアップが行き詰まったとき>
転職の目的はひとそれぞれですが、心がけてほしいのは、あなたのキャリアを一段上に持ち上げてくれる転職なのかどうか。与えられる仕事が現職よりも簡単で、退屈なものであれば、給与が上がるはずもありません。
そういった意味では、「この会社ではもう学べることが少ない」と確信したときこそ、転職のチャンス。たとえば、語学力を活かした営業を志向してきたのに、海外事業部が閉鎖した、などの状況や、成績トップの業績を上げているが年功序列制が強固でステップアップの速度が鈍っている、などの状況は、転職を検討するに充分な「神機」と言えるでしょう。
ただし注意したいのは、社内での異動や配置換えなどで、状況が好転する可能性が残っている場合。「上司とあわないから出世できない」、「社内転職制度の希望がまったく通らない」、などの「不満」を転職の理由にする場合は、人事の面接で「それは自分の努力が足りないんじゃない?」と冷たくツッコまれることを覚悟しておくべきでしょう。現職の社内で解決できる問題は現職の社内で解決するのが基本。それができない人材は、転職先の会社にとって、あまりありがたい人材ではないのです。


<第二の神機:声がかかったとき>
毎日目の前の仕事に一所懸命取り組んでいると、誰かが見ていてくれるもの。一心不乱に働いて、転職のことなど頭をかすめてもいなかった。そんなときこそ、実は転職の「神機」かもしれません。
「うちに来ないか?」という声がかかるということは、その相手が、あなたの仕事ぶりに満足していることの証明です。その発言をしたひととの付き合いが長ければ長いほど、一般的な転職活動よりも、転職後のマッチングがうまくいくでしょう。
引き抜きのメリットはもうひとつあります。それは自分だけでは気付かなかった、自分自身の特性の再評価です。転職活動は、本来ひとりでするもの。たとえば営業一筋で生きてきたあなたなら、人事や法務での転職は、考えにくいもの。周囲からの「声」には、あなたの中に眠る可能性を呼び覚ます意味もあるのです。
ただし注意したいのは、その「声」が、あなたにとって有益ではない可能性もあるということ。転職してみたけど給与は下がった。転職してから気づいたけど泥船のようないまにも倒産しかけの会社だった。先輩からの強引な誘いで入ったけどこき使われるだけで何も楽しくない。こういった悪例に引っかからないよう、「声」がかかったことに舞い上がってしまわず、「自分にとってメリットのある話かどうか」を再点検して、冷静な判断を心がけましょう。


<第三の神機:関わっている仕事のキリが良いとき>
どんなに素晴らしい転職先を見つけても、現職を辞めることができなければ、その転職は絵に描いた餅です。円満退職のために必要な期間は、1カ月が目安。いざ入社日が決まった後に上司や同僚から過度な引き止め工作を受けないように、繁忙期を避けた転職計画を立てるのが、スマートな社会人というものです。
同時に、1カ月間、どんな引き止め工作を受けても揺るがない転職への決意が備わっているかどうか。そこが、この第三の「神機」を見極めるポイントでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る