管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 経理・財務の転職に役立つ資格ベスト5

経理・財務の転職に役立つ資格ベスト5

まず確認しておく必要があるのは、経理・財務の転職では、もっとも評価を左右するポイントは、これまでに経験してきた経理の内容です。とはいえ、経験の浅い、または経験のない経理・財務転職希望者にとっては「資格」取得はほとんど唯一のアピールポイント。同じ苦労をするならば、少しでも採用に直結する資格の取得を目指しましょう。下記、転職に役立つ資格の一覧を参考にしてください。


<簿記:役立ち度5>
簿記とは、企業の資産・収支を記録方法を学ぶ、経理・財務の必須資格。経理・財務の新卒採用や未経験採用の場合、入社後にまずは簿記の資格を目指させる企業は多いはずです。
受検できる簿記検定は複数ありますが、もっとも知名度が高く、転職に役立つのは日商簿記検定です。1級から3級まで、3段階のレベルが用意されていますが、目安としては、履歴書に書いて転職の役に立つのは2級以上。即戦力の正社員として規模の大きな企業の経理実務を担当するつもりであれば、1級を目指しましょう。
補足となりますが、簿記の資格は下記で紹介する公認会計士、税理士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなどの上位資格を取得するための必要ステップでもあります。


<税理士:役立ち度4>
税理士は税務代理や記帳代行など、税理士法によって定められた3つの独占業務によって、地位が保証されています。税理士の資格を取得することで、経理・財務の中でも担当できる仕事、応用が利く範囲が広がり、企業にとってメリットのある人材であることをアピールできるでしょう。


<公認会計士:役立ち度4>
公認会計士は、企業が作成した財務書類の信頼性を第三者機関としてチェックする資格です。近年は、大企業の倒産、粉飾決算といったニュースが続いたことから、企業の倫理強化へのニーズが高まり、各企業内に公認会計士の資格取得者ニーズは高まっています。ただし、試験の難易度はかなり高め。転職のために取得するというより、経理・財務としてステップアップを目指す方は、長期的な目標として取得を検討すると良いでしょう。


<TOEIC:役立ち度3>
経理・財務の世界でも、会計基準の国際化や、企業のグローバル展開の活発化によって、英語の必要性が高まっています。一定規模以上の企業では、もはや国内だけで事業が完結する例は減りつつあり、内勤の職種においても英語力は必須の時代。TOEICによる客観的な英語力の評価は、転職活動に有効でしょう。


<ファイナンシャルプランナー:役立ち度2>
ファイナンシャルプランナーは、個人や企業の資産設計・資産運用を目的とした資格。金融資産、不動産などを取り扱う業界の営業職が取得するイメージが強いですが、同業界の経理・財務職においても必要とされる場合があります。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る