管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 人事の気持ちを採用に傾ける、面接前の直前学習5選 > 資格 > 人事の気持ちを採用に傾ける、面接前の直前学習5選

人事の気持ちを採用に傾ける、面接前の直前学習5選

絶対に入りたい会社だから、最善を尽くしたい!でも、何をしたら良い?

転職を決めてから面接までの間に、自分のキャリアが大きく変わることはありません。しかし、面接直前に、ほんの1日、2日を費やすだけで、人事の気を引くエピソードはつくれます。

今回は、面接直前にできる、採用を近づける5つの「努力」の方法をご紹介。自分の一生を左右するかもしれない転職だから、できることは何でも、やっておきましょう。



直前学習1.業務・業界のビジネス書を読んで基本知識を習得
付け焼刃の勉強はしない方がマシ、というのは大きな間違い。応募先の業務や業界について、まったくの無知で面接に臨んでは、入社意欲を疑われてしまいます。

特に未経験の業種・職種に応募する際は、下調べの徹底で差がつきます。
「未経験なのでゼロから教えてください!」という応募者と、「未経験ですが入門書を読んで勉強しました」という応募者、どちらが人事の心を動かすかは、一目瞭然です。



直前学習2.応募業種・職種の友人・知人に話を聞く
志望する業種・職種のことを知りたいなら、実際にそこで働いている友人・知人に話を聞くのが近道。求人広告やビジネス書には載っていない、生の知識は面接対策だけではなく、自身の志望動機を再点検するために、非常に有用です。

その業種・職種ならではの仕事の大変さ、難しさも理解した上で応募してくる応募者なら、面接官も安心感を覚えるはず。友人・知人のツテがない場合は、ネット上でクチコミ情報を集めてみるのも良いでしょう。



直前学習3.志望する業種を体験してみる
未経験職への応募でも、まったくの経験ゼロと、関連する業務経験アリ、では差がつきます。挑戦してみたいのが、関連業種のアルバイト・ボランティア体験。

たとえば医療福祉系への転職を希望するなら高齢者施設でボランティアを体験、といった具合です。
管理系の職種はアルバイト・ボランティアではなかなか経験しづらいものですが、「職種」の経験ができなければ、「業種」の経験をするという考え方があります。

会社によっては現場での経験を複数年積ませるところもあり、応募先の業界について理解を深めるために、こういった「プチ体験」をしておくのは、決してムダなことではありません。



直前学習4.応募先のサービスを体験してみる
もっと気軽にできるのは、サービスの体験。
たとえば飲食系の企業であれば、実際にその店舗に行って食事をしてみれば、会社のカラー、ルール、雰囲気などがつかめるはずです。
しっかり観察すれば、改善点の提案も、面接前にいくつか浮かぶかもしれません。

面接の場では、「うちのサービスを利用したことがある?」と聞かれることも多く、直接面接に活きる体験なので、ぜひ実行してみてください。



直前学習5.資格・検定・講習受講・独学
たとえば経理であれば「簿記」資格の取得、外資系の会社であれば「TOEIC」の点数アップなど、目に見える努力の成果は、やる気と行動力を示すための格好のアピールとなります。
未経験での応募の場合などは特に、スキルの不足を補う努力をどのように行っているか、あるいは何もしていないかで、大きく評価が分かれます。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る