管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 財務・経理 注目コラム > 年間スケジュールから見る、経理が転職しやすい時期 > 経理の転職 > 年間スケジュールから見る、経理が転職しやすい時期

年間スケジュールから見る、経理が転職しやすい時期

経理の年間スケジュールは業界を問わずほぼ一律で、業務の専門性とも相まって、転職のしやすさに繋がっています。
下記は、「3月決算」の企業の、一般的な年間スケジュールです。



4月:決算作業
5月:法人税等申告・納税
6月:株主総会、労働保険料の申告・納付
7月:夏季賞与の計算・支給、算定基礎届の提出
9月:中間決算
11月:法人税等の中間申告、納税
12月:冬季賞与の計算・支給、年末調整
1月:法定調書の提出・送付、償却資産税
3月:決算準備



特に重要なのはいわずとしれた「決算」ですが、決算の後も3月から5月にかけて、税務申告、納税など、専門的な作業が続きます。さらに株主に業績を報告する株主総会が6月に控えており、3〜6月は繁忙期となります。
9月には事業年度の中間報告を行う「中間決算」、12月には源泉所得税や所得税を照合する年末調整が控えています。

以上のスケジュールを踏まえると、経理職での転職は比較的大きな仕事が集中する~6月、9~12月を避けて行うのが無難です。特に決算時期の直前には求人自体も減少しがちな傾向があります。

また、繁忙期の転職では「前職の仕事を放り出して転職活動に精を出す自分本意な人物」というレッテルを貼られないよう、注意する必要があります。実際に目先の業務を投げ出しての後ろ向きな転職は市場に受け入れられませんし、反対に仕事が多忙すぎる中での転職活動は、準備が不十分な状態で応募書類や面接での大失敗をしてしまったり、転職先の判断を見誤ったりと、リスクが高くなります。

特別な事情がない限り、繁忙期を避け、1~2月、7~8月を中心とした転職活動を、心穏やかに行うと良いでしょう。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る