管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 転職を考えているアナタに送る!社外(業務外)活動のススメ > 転職活動全般 > 転職を考えているアナタに送る!社外(業務外)活動のススメ

転職を考えているアナタに送る!社外(業務外)活動のススメ

あなたはなぜ転職を考えていますか?目の前の仕事にやりがいを見出せない?他にやりたいことがある?自分が成長しているかどうか不安...?そういった不安や不満を解決する手段として、転職を考えている人も多いのでは。
しかしその前に、一度社外(業務外)に目を向けてみてはどうでしょう。そこにはきっと新しい出会いや発見があり、新たな可能性が広がっていくかも知れません。



活動その1.社内ベンチャーを模索する。
3Mの「15%ルール」、グーグルの「20%ルール」(勤務時間の15%、または20%を日々の業務とは関係のないプロジェクトに使ってもよいとする不文律)など、社内ベンチャーを奨励している企業が昨今増えてきています。企業としても新しい発想を取り入れ、またそうすることで社員のモチベーションを保とうと考えているのです。

こういった社内ベンチャーを活用する、または話のわかる上司に相談してみる!...など、まずは社内であなたの「やりたいこと」を実現できる道を捜してみてはどうでしょう。



活動その2.「副業」も、ひとつの手段。
ウチの会社にはそんなルールも風土もない!という場合は...副業という形でやりたい仕事の経験を積むのも、ひとつの手段です。ただし実際に副業を始めるにあたり、注意しておきたい点がいくつか。

まずは会社の就業規則で、副業が可能とされているか確認しておきましょう。また、副業の所得が年間20万円を超えたら、確定申告をしなくてはいけないことも知っておくと良いですね。副業を禁止している会社に副業していることがバレてクビ!...なんてことや、確定申告を忘れて税金調査に入られる...などの思わぬ悲劇があっては、元も子もありません。

そして忘れてはならないのが、体調と時間の管理。休む時はしっかりと休み、リフレッシュする時間を作る。当たり前のことのようですが、意外とこれが出来ずに失敗してしまう人が多いようです。



活動その3.報酬とは関係なく、社外活動をしてみる。
セミナーに通う、習い事を始める、社会人サークルに参加もしくは主催してみる...。週末だけ無償でやりたい仕事の「お手伝い」をする、という手もあります。新しい経験をしたり人脈を広げることで、今の仕事が楽しくなったり、思わぬ転職の好機が訪れる、なんてこともあるかも知れません。



いかがでしたか?転職の理由は様々だと思います。が、それが現在の仕事に対する不満や不安である場合、いきなり転職活動!ではなく、社内ベンチャーや副業という形で社外や業務外に目を向けてみるのも、またいいのでは。目に見える結果や報酬が出なくても、本業とはまた違った「経験」や、他業種や社外の人間との「人脈」など、お金では買えない大きな財産がきっと手に入るはずです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る