管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > ニュースに強い!がビジネスに強い!「RSSリーダー」情報収集術

ニュースに強い!がビジネスに強い!「RSSリーダー」情報収集術

管理系職種は、経営に近い仕事。日々のニュースを敏感に察知して、市場のトレンドや世界の動きを常に押さえておかなければ、仕事のステージを勝ち上がっていくことはできません。
そこでオススメしたいのが、RSSリーダーを使った情報収集術。ニュースサイトやブログなどの更新状況をリアルタイムに受け取ることで、誰よりも早く、正確に、必要な情報にアクセスできるようになります。今回のコラムでは、まったく新しいタイプの情報収集ツール、RSSリーダーを使うことのメリットをご紹介していきます。



メリット1.ほしい情報が自動的に配信される。
新聞やテレビなどのメディアと比較した際、ウェブ上のニュースサイトは、速報性や視野の多角化に大きなメリットがあります。しかし、従来はそれらの「いつ更新されるかわからない」情報を、自ら何度もアクセスして、繰り返し探しに行く必要がありました。
RSSリーダーは、そういったニュースやブログなどの情報サイトが「更新されたこと」が通知されるサービス。立ち上げるのは、「Google Reader」や「livedoor Reader」など、ニュースサイトを登録しているたったひとつのサイト(またはアプリ)だけで良くなるのです。



メリット2.情報の配信から受信までの速度が早い。
新聞や雑誌、テレビのニュースは、配信されるタイミングが決まっており、速報性の面ではいつでも時間にとらわれず情報配信できるネットにやや軍配が上がります。しかも、RSSの場合は、国内外を問わずニュースサイトを登録しておけるので、その気になれば全世界、津々浦々のニュースをリアルタイムで把握することも可能です。誰よりも早く最先端の情報を得たいなら、RSSリーダーは最有力の選択肢でしょう。



メリット3.いつでもどこでも読める。
RSSリーダーは、パソコンではもちろん、最近のスマートフォン、携帯電話などでも読むことが可能です。大抵のひとは、スマートフォンか携帯電話を常に持ち歩いているのですから、通勤中の電車や休憩のランチタイム、あるいは休日のバカンス先でも。新聞や雑誌を持ち歩くよりもずっと手軽に、最新の情報を入手できるのです。
さらに、どの端末から情報にアクセスしても、すでに読んだニュースとまだ読んでないニュースとが自動で同期されるので、同じニュースを繰り返し読んでしまう面倒もありません。



メリット4.ほしい情報だけをカスタマイズできる。
RSSリーダーは、自分に必要な情報を掲載するサイトだけを自由に登録することができます。
一般の世間的なニュースを押さえておきたいなら、ヤフーニュースやグーグルニュース。
経済に関わるニュースを読みたい方なら、ロイターやウォール・ストリート・ジャーナル。
IT関係の仕事をしている方なら、テック・クランチやテック・ウェーブ。
などなど。もちろん、他にも有益な情報サイトは数限りなくあります。用途に合うサイトを追加し、あるいは不要となったサイトを取り除いていく...自分色にカスタマイズする楽しみもRSSリーダーを使う理由となります。



RSSリーダーは、使い方もカンタン。コンピューターに疎い方でも、一度使ってみればすぐに、その便利さを手放せなくなることでしょう。
まずは、「Google Reader」や「livedoor Reader」のサイトに、お気に入りのニュースサイトを登録してみてください。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る