管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 財務・経理 注目コラム > 経理職を目指す未経験者のための用語集1:帳簿・簿記・取引・仕訳って何?

経理職を目指す未経験者のための用語集1:帳簿・簿記・取引・仕訳って何?


一般的に、会社が営利を目的とする団体である以上、その活動を数字によって記録する業務は必要不可欠。経理職の仕事のうち、もっとも基本的かつ、重要度が高いのは「帳簿」の記録です。
今回は、「帳簿」という仕事の内容を、3つのキーワードで分解していきます。


1.簿記(ぼき)
簿記とは、帳簿を記入するために必須となる技術のこと。新卒の場合は、経理職として採用された後に会社支援で資格取得する場合が多いのですが、経理職に未経験転職する場合、あらかじめ3級、できれば2級の資格を取得しておくと有利です。
簿記の手法は、大きく「単式簿記」と「複式簿記」の2つに分けられます。

<単式簿記>
単式簿記は、家計簿、お小遣い帳などの単純用途で使われることが多い、「現金の増減」のみに着目した記録方式です。特別な知識も不要で運用上の手間はほとんどかかりませんが、記録に誤りがあったと場合の検証能力を備えません。そのため、会社の経理には不向きです。

<複式簿記>
一般的に会社組織で使われているのは、複式簿記です。現金の増減という「結果」のみに着目する単式簿記と違い、複式簿記は、現金の増減という「結果」と、どのような取引によって現金が増減したのかという「原因」の二面に着目して、帳簿に記録していきます。

ごくごく簡単に解説すると「結果」は、会社に残された資産。「原因」は、会社の収支を示します。「結果」と「原因」、それぞれの合計金額は、必ず等しく同額にならなくてはなりません。同額であることを確認することで、記録上の誤りがないことを証明するのが、複式簿記の役割です。

一般的に、「簿記」という言葉を使うときは、この複式簿記のことをさします。


2.取引(とりひき)
簿記の考え方では、取引とは「資本に増減変化を及ぼす全てのこと」を指します。 たとえば、契約書を交わした段階ではまだ取引とはみなされません。実際に現金を受け取ったり、いついつまでにお金を振り込むという売掛や債権と呼ばれる約束が交わされた段階ではじめて、その仕事は「取引」として成立します。
あるいは、火災や盗難など、予期せぬトラブルで資本が目減りしたような状況も、簿記の扱い上は「取引」と見なされます。
一般的に使われる「取引」という言葉と意味合いが異なりますが、要するにお金が動いたかどうか、と考えるとわかりやすいでしょう。


3.仕訳(しわけ)
複式簿記において、取引を「結果」と「原因」に分類して、表に一覧化する作業を仕訳といいます。
帳簿の右側(通称:貸方)に現金の増減という「結果」を、左側(通称:借方)にどのような取引によって現金が増減したのかという「原因」を記載していきます。
複雑かつ膨大な量となる会社の取引を、フォーマットに単純化することで、人目でその概略がつかめるようになる訳です。


独特のルールが存在する帳簿の世界ですが、いったん中身を覚えてさえしまえば、会社のこと、経営のこと、社会のことがもっとわかりやすく鮮明に見えてきます。単に言葉の意味や手法を学ぶだけでなく、なぜその知識や技術が、会社や社会から必要とされているのかを考えると、学ぶ意欲が湧いてきますよ。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る