管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 財務・経理 注目コラム > これを喋って内定ゲット?一か八かの経理武勇伝

これを喋って内定ゲット?一か八かの経理武勇伝


転職活動の面接で苦労されている方は、「これさえ言えば一発採用!な魔法の言葉があればいいのに...」と思ってしまうかもしれません。残念ながら、中途採用の面接は、募集要件に合う技術や経験、全般的なコミュニケーションスキルを確認する場であり、ネタ勝負の戦いはあまり推奨されません。ウケ狙いの発言はむしろ、採用を遠ざけてしまうというのが一般的な見解。しかしこの世には、まさかの武勇伝で採用をゲットした強者の伝説が存在しているのも事実です。

今回は、一か八かの行動・発言で採用をゲットした10人の話をご紹介します。果たしてその成果、運か実力か。自分にマネができるかどうか、考えながら読んでみてください。


■デキる人間アピール型

「内定が3社から出ているとハッタリをかました。給与の提示額などを事細かに聞かれて焦ったが、結果的に良い条件で採用された。」(男性/32歳)

十分な実力と準備がなければ、すぐにウソとばれそうなウソは、身を滅ぼす結果となることも。この作戦はもちろんオススメできませんが、自分の適正な価値を知っておくことは、面接を有利に運ぶ条件と言えそうです。

「1円でも給与が高い会社を渡り歩いていると本音で話す。経理は実力があれば転職歴の多さも不利とはならない。現在転職5社目。金に汚いと思われるのか、不採用となる可能性も高いが、採用してくれる会社もある。」(女性/33歳)

「その会社の経理計画をプレゼン資料として持参。たとえば、前社で使っていた海外ベンダーに経理事務を外注するなど、低コストの体制づくりを提案したら、マネージャー待遇での採用となった。落ち続けたのが、ウソみたい。経理体制が未熟な中小企業の場合、この作戦は利くと思った。」(男性/38歳)

好条件での採用者は、必然、入社後の成果も高いものを求められます。よほどの自信がある方以外は、「デキる人間アピール」はハイリスクな手法。大風呂敷を広げすぎないよう、気をつけてください。


■感動!人間関係アピール型

「リーマンショック直後の、どんよりムード漂う給料日に、社長に相談して社員全員に『100万円』と書かれたお札チョコを1枚ずつ配ったというエピソードが高評価を受けました。」(女性/28歳)

「10年間勤めた前の会社を退職した時の話をしました。同僚から『帳簿風』のお礼状を貰ったんです。『支出:君という同僚』『収入:沢山の思い出』というような感じで。」(男性/39歳)

経理職にもチームワークの精神が求められる時代です。職場を円滑に回転させる人間力、ユーモアのアピールは、比較的勝算の高い手法と言えるでしょう。

ただし、前職での人間関係が良ければ良いほど、「なぜ転職するのか?」という疑問への答えは、筋が通ったものでなくてはなりません。


■嫌う会社も多いかも?業務外活動アピール型

「Facebookで主催している経理勉強会について話しました。うちの会社にも、他企業の文化を伝えて!と熱烈な逆アピールを頂きました。」(女性/36歳)

「カルチャースクールの簿記講座インストラクターとして、副業していることをアピール。コンプライアンス的に言っちゃマズイかな、と思いましたが、意識が高いね!と褒められました。」(男性/29歳)

「友人・知人と共用で有料コンテナを借り、私設図書館を運営。貴重な本も多数集まって、賃料で事業化できそう、という話がウケて採用。提案力のある経理として頑張ってくれ、と経営会議にも呼ばれる身分に。」(男性/29歳)

近年、市場ニーズが高いのは、企画力や提案力のある経理。一見、業務には関係なさそうな業務外経験も、内容次第では高評価の対象となるのかもしれません。ただし、副業に厳しい会社、社外で頑張るならまず目先の業務を頑張ってほしいと考える会社もありますのでご注意を。


■入社後が大変?頑張りすぎちゃった型

「うちは飲み会が大好きな会社だよーと言われて、内定ほしさのあまりに自分も日本酒をグイグイいっちゃいますよ!とアピール。採用にはこぎつけましたが、入社後苦労しているのは言うまでもありません...。」(女性/27歳)

「趣味がないのがコンプレックスだったのでタップダンスを受講。まだ4回ほどしか習っていないとき、面接で披露させられたダンスは、悶絶ものの恥ずかしさでした。」(男性/25歳)

ヘタにアピールした特技や趣味は、実際に「試される」リスクが存在することをお忘れなきよう。できないことを「できる」と誇張する性格を、企業はあまり、好意的には受け取らない可能性も高いです。


マネできそうなエピソード、マネしたいエピソードはありましたか?

いずれにしても、等身大ではない自分は、長続きしません。入社後に苦労しないためにも、まずは冷静な自己分析。その延長線上に、勝算の高いアピール材料を見つけたいものです。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る