管理系6職種の転職

経理の転職、人事、管理系職種の転職はお任せください

Loading

HOME > 転職ノウハウ > 40代の転職を実現させるために必要な、3つの条件

40代の転職を実現させるために必要な、3つの条件


20代、30代と比べてどうしても不利なイメージがある40代の転職。しかし、40代以上のベテラン層の活躍に期待し、採用を拡大する動きが昨今増えてきています。今回は「40代の転職を目指す人に、知っておいてもらいたい3つのこと」と題して、40代の転職を成功させるための3つのポイントを紹介します。


●条件1:マネージャー経験を持っているか。
業務経験を約20年経験してきたビジネスパーソンは、部下を指導した経験があって当然。と、転職市場では考えられることが一般的。40代の転職には、マネージャー資質を持っているかどうかが重要な評価ポイントとなるのです。よって自己PRも、あなたのマネージャー資質をいかに理解してもらうか、が重要となってきます。
しかし、「私はマネージメント能力があります」と言ったところで何の説得力もありません。

アピールする際は、実績、つまり「実際どのような成果を出したか」と、その実績を出すにあたっての具体的なエピソードを交えて行うようにしましょう。


●条件2:自分を評価してくれる人脈を持っているか。
40代の転職は、新聞やWEBなどの一般公募では年齢による制限を設けているところも多く、なかなか良い転職先に巡り合えないのが現状です。そこで40代の転職では人材紹介サービスを活用することが多いようです。ミスマッチを避け、効率よい転職活動が行えるためです。

一方で、40代の転職で成立する可能性が高いのは、縁故による転職。年齢のマイナス面は、約20年におよぶ社会人経験で築き上げた人脈と経験の多さというプラス面に変えればよいのです。

転職活動で苦戦中のあなたは、同年代の知り合いを思い浮かべてみてください。40代であれば、企業では管理職となっている場合が多いでしょうから、そのコネを利用できないか?まずは、有力な紹介者となってくれそうな知人の洗い出しから始めてみましょう。まるで思い当たらない場合は...やはり転職市場では、厳しい評価を受ける理由として、受け止めなければなりません。


●条件3:家族からの同意・支援があるか。
40代の転職で意外にネックとなってくるのが、家族の問題。家族の理解・協力を得られるかどうかが、成功の分かれ道と言っても過言ではありません。転職したいが、なかなか家族の理解を得られない。妻に内緒で転職したが、年収が大幅に下がり離婚の危機を迎えている...というケースも、実際あるのです。

40代ともなれば、妻や子どもの生活を支える一家の大黒柱という人も多いでしょう。転職が本人だけの問題でなくなってくるのは当然のこと。こうした家庭内トラブルを避けるためにも、
・突然転職の意思を伝えるのではなく、普段から仕事や会社の不満を話しておく。
・なぜ転職したいのか、転職によるメリット・デメリットは何かを納得するまで話し合う。
などの工夫が大切です。転職活動中は、何かと精神的に苦しいことも多いもの。家族と十二分に話し合い、理解を得ることで、よりよい環境で転職活動に取り組むことができるはずです。


転職そのものへの考え方の変化から、40代で転職を希望する人も増えてきています。経験、人脈、マネージメント能力...20代、30代と同じ土俵で戦おうとせず、40代であることの自信をもって、ぜひ転職活動に臨んでください。

よろしければ、こちらもご覧ください。

本日の総務・人事・法務最新求人情報(JAC Recruitment)
本日の経理・財務最新求人情報(JAC Recruitment)
転職サポート・スペシャリストに相談

このページトップへ戻る